北欧風新築施工例~さいたま県越谷市K様邸

ナチュラルハウス新築施工例のご紹介です。今回は、とってもオシャレナ北欧風のご自宅を公開します。

白を基調にした内装に無垢の木の自然を家の中へ

吹き抜けの天井に大きな窓から差し込む自然光は、ナチュラルハウスを代表するデザインです。今回は、満月のようにまんまるのやわらかな照明をご提案いたしました。

柱や梁は、自然素材をむき出しにすることで、ログハウスに住んでいるような木のぬくもりを感じることができます。朝、太陽とともに「おはよう」と目覚め、沈む夕日とともに「おつかれさま」と一日を終える。そんな自然の摂理と一緒に過ごすことで、おだやかな時間をお過ごしいただけると好評をいただいております。

「ナチュラルハウスは、吹き抜けなので、エアコンの料金が高そう! 夏は暑そうだし、冬は寒そうですが、冷暖房費は高くつくのではないですか?」と聞かれることが多いです。正解は、木の素材を生かした建築法で建てられているので、夏涼しく冬はあたたかいというエコ住宅で、光熱費安いのです。

「夏はエアコン一台で家中冷房」というコンセプトで、実は、省エネの受賞も受けています。(平成23年「埼玉県環境建築住宅賞」優秀賞受賞)

冬も断熱材や床暖房設備により、驚くほどあたたかいのです。そんなことを言われたところでピンとこないと思いますので、よろしければぜひ、モデルルームへ体験にいらしてくださいね。

手入れがしやすくオシャレな外構

白い壁に木の玄関ドア、シンプルな表札でとってもスッキリした外構に仕上げました。また、窓は防犯対策をしっかりしている代わりに、玄関周りはオープンにしています。昔は、樹木をたくさん植えて、目隠しにしていましたが、かえってこれが防犯上良くないとも言われており、最近では、このようなスタイルがとても人気です。

このことで、家の中を広く活用できますので、お客さまには喜ばれております。このように、お客さまのご要望やご予算、立地や治安などを加味したうえで、最適なご提案をしております。

次世代へつなぐ家づくり

弊社は、ナチュラルハウス見地業として1世紀弱の年月を重ねてきましたが、そこで実感していることは、いい家は、長く住み続けることができる、です。

リフォーム工事でナチュラルハウスにする方のお家では、屋根がアスベスト材を使用しているところもまだまだ少なくありません。古い家は仕方がないのですが、破棄するのに手作業でゴミを分別して捨てることが義務付けられているため、さらに高額な廃棄費用がかかってしまいます。

このような工事を施工するたびに、安全で住みやすい家を作ることは、使命だと感じます。

これからも、次世代につながる家づくりを提供するべく邁進していきたいと思います。

リフォームから新築工事まで、ナチュラルハウスに関するお問い合わせは、お気軽にご連絡くださいませ。

コメントを残す